印刷画面の「ファイルへ出力」について

印刷画面の「ファイルへ出力」について

Q&A番号:003967  更新日:2016/12/28
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server

Q&A番号:003967  更新日:2016/12/28

印刷画面の「ファイルへ出力」について教えてください。

アプリケーションなどの印刷画面にある「ファイルへ出力」を設定すると、プリンターでは印刷されずに、印刷データがprn形式のファイルで出力されます。

アプリケーションなどの印刷画面にある「ファイルへ出力」を設定すると、プリンターでは印刷されずに、印刷データがprn形式のファイルで出力されます。

はじめに

アプリケーションで印刷を行う際に印刷画面が表示された場合は、画面に表示されている各項目から、印刷方法やプリンターの設定を詳細に行うことができます。
設定項目はアプリケーションによって異なりますが、「ファイルへ出力」という項目がある場合、設定を有効にすると「ファイルへ出力」画面が表示され、印刷が開始されないことがあります。

印刷画面の一例
印刷画面の一例

「ファイルへ出力」項目を設定して印刷を行うと、プリンターにデータは送られず、prn形式のファイルが作成されます。このファイルは、プリンターに送信するデータをファイル化したもので、このファイルをプリンターに直接送信することで内容を印刷できます。

「ファイルへ出力」設定時に作成されるprn形式の印刷データ(例)
test.prn

prn形式のファイルを印刷するためのアプリケーションは不要です。そのため、他人に印刷データを渡す場合などにprn形式のファイルでデータをやりとりすれば、相手のパソコンに同じアプリケーションがインストールされていなくても、印刷が可能です。

ただし、prnファイルは出力時に使用したプリンタードライバーに合わせて作成されます。そのため、prnファイルを印刷する際は、出力時のプリンタードライバーに適したプリンターを使用する必要があります。

prn形式のファイルを印刷するには、コマンドプロンプトを利用して行います。
ここで案内する操作手順を確認し、正常に印刷できるか確認してください。

操作手順

Windowsでprn形式のファイルを印刷するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. コマンドプロンプトを起動します。
    ※ 起動方法については、ご使用のWindows(OS)のバージョンに応じて、以下の該当する項目を確認してください。

    1. Windows 10 / 8.1 / 8の場合
      「Windows」キーを押しながら「X」キーを押し、表示された一覧から「コマンドプロンプト」をクリックします。

    2. Windows 7 / Vistaの場合
      「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」の順にクリックします。

    3. Windows XP / 2000の場合
      「スタートメニュー」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」の順にクリックします。

    4. Windows Meの場合
      「スタートメニュー」→「プログラム」→「アクセサリ」→「MS-DOSプロンプト」の順にクリックします。

    5. Windows 98 Second Edition / 98 / 95の場合
      「スタートメニュー」→「プログラム」→「MS-DOSプロンプト」の順にクリックします。

  2. コマンドプロンプトが表示されたら、「copy prn (ファイル名) (プリンタポート名)」と入力して、「Enter」キーを押下します。
    ここでは例として、「c:\data\test.prn」ファイルを「lpt1:」ポートに接続されたプリンターで印刷を行います。

    ※ プリンターポート名は、パソコンに直接接続されているプリンターであれば通常「lpt1:」、ネットワーク上のプリンターであれば「\\サーバー名\プリンター名」となります。

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る