Windows 7でパソコンに標準で搭載されていない文字や記号を作成する方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 7 Home Premium、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 7 Professional
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:012017  更新日:2017/10/24

Windows 7で、パソコンに標準で搭載されていない文字や記号を作成する方法について教えてください。

外字エディターを使用して、オリジナルの文字や記号を作成し、メモ帳やWordなどのアプリケーションで表示できます。

外字エディターを使用して、オリジナルの文字や記号を作成し、メモ帳やWordなどのアプリケーションで表示できます。

はじめに

外字エディターとは、パソコンに標準で搭載されていない文字や記号を作成する機能のことです。
外字エディターでオリジナルの記号や変換しても出てこない漢字などを作成して、メモ帳やWordなどのアプリケーションで表示できます。

※ 外字を作成したパソコンのみ有効です。電子メールやほかのパソコンで読み書きする文書に対して外字を使用した場合、作成したパソコン以外では外字が表示されません。

操作手順

Windows 7でパソコンに標準で搭載されていない文字や記号を作成するには、以下の操作手順を行ってください。

「使いかたチャンネル」では、このQ&Aの操作手順を動画で見ることができます。
操作手順を動画で確認する
※ 提供:キューアンドエー株式会社

1. 外字を作成する方法

外字を作成するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、「ホウ」(法)という外字を作成します。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「外字エディター」の順にクリックします。
    「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「外字エディター」の順にクリックします

  2. 「外字エディター」の「コードの選択」が表示されます。
    空白の箇所をクリックし、「OK」をクリックします。
    空白の箇所をクリックし、「OK」をクリックします

  3. メニューバーの「ウィンドウ」をクリックし、表示された一覧から「参照」をクリックします。
    メニューバーの「ウィンドウ」をクリックし、表示された一覧から「参照」をクリックします

  4. 「参照」が表示されます。
    「フォント名」をクリックします。
    「フォント名」をクリックします

  5. 「フォント」が表示されます。
    「フォント名」「スタイル」ボックスから目的のデザインをクリックし、「OK」をクリックします。
    ここでは例として、「MS UI Gothic」「標準」をクリックします。
    「フォント名」「スタイル」ボックスから目的のデザインをクリックし、「OK」をクリックします

  6. 「参照」に戻るので、スクロールバーを動かして、使用したい記号や文字をクリックし、「OK」をクリックします。
    「参照」に戻るので、スクロールバーを動かして、使用したい記号や文字をクリックし、「OK」をクリックします

  7. 画面右側の「参照」に記号や文字が表示されます。
    使用したい記号や文字の箇所をドラッグして囲んだら、画面左側にドラッグ&ドロップします。
    使用したい記号や文字の箇所をドラッグして囲んだら、画面左側にドラッグ&ドロップします

  8. 画面左側の「編集」に使用したい記号や文字の箇所が移動されます。
    画面右上の「×」をクリックし、「参照」を閉じます。
    画面右上の「×」をクリックし、「参照」を閉じます

  9. 画面左側の「ツールパレット」を使用し、記号や文字を作成します。
    ここでは例として、「鉛筆」アイコンを使用して、文字を記入します。
    画面左側の「ツールパレット」を使用し、記号や文字を作成します

    補足

    ツールパレットの各ツールについては、下図を参照してください。
    「四角形」「楕円」アイコンなどで図を作成したり、「消しゴム」アイコンで余分な箇所を消したりできます。
    「四角形」「楕円」アイコンなどで図を作成したり、「消しゴム」アイコンで余分な箇所を消したりできます

  10. 外字の作成が完了したら、メニューバーの「編集」をクリックし、表示された一覧から「同じコードで保存」をクリックします。
    メニューバーの「編集」をクリックし、表示された一覧から「同じコードで保存」をクリックします

  11. 画面右上の「×」をクリックし、「外字エディター」を閉じます。
    画面右上のクリックし、「外字エディター」を閉じます

以上で操作完了です。

2. 作成した外字を使用する

作成した外字を使用するには、以下の操作手順を行ってください。
ここでは例として、「メモ帳」で利用する方法を案内します。

※ ATOKなど、WindowsやMicrosoft Office添付以外の日本語入力システムをインストールしている場合は、以下の操作手順ではうまくいかない場合があります。詳細は、お使いのIMEの説明書を参照してください。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「メモ帳」の順にクリックします。
    「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「メモ帳」の順にクリックします

  2. 言語バーから「ツール」をクリックし、表示された一覧から「IMEパッド」をクリックします。
    言語バーから「ツール」をクリックし、表示された一覧から「IMEパッド」をクリックします

  3. 「IMEパッド」が表示されます。
    画面左側の「文字一覧」をクリックします。
    画面左側の「文字一覧」をクリックします

  4. 「文字カテゴリ」ボックスから、「シフトJIS」をダブルクリックします。
    「文字カテゴリ」ボックスから、「シフトJIS」をダブルクリックします

  5. 「外字」をクリックし、画面右側の一覧から目的の外字をクリックして「Enter」をクリックします。
    「外字」をクリックし、画面右側の一覧から目的の外字をクリックして「Enter」をクリックします

  6. 画面右上の「×」をクリックし、「外字エディター」を閉じます。

以上で操作完了です。

メモ帳に作成した外字が入力されたことを確認してください。
メモ帳に作成した外字が入力されたことを確認してください

3. 作成した外字を削除する

作成した外字が不要になった場合は、削除することができます。

作成した外字を削除する方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 7で作成した外字を削除する方法

↑ページトップへ戻る