Excel 2010でファイルにパスワードを設定する方法

対象機種 VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8
Windows 8 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:014971  更新日:2017/09/13

Excel 2010で、ファイルにパスワードを設定する方法について教えてください。

作成したファイルにパスワードを設定すると、他人の閲覧や編集を制限することができます。

作成したファイルにパスワードを設定すると、他人の閲覧や編集を制限することができます。

はじめに

Excel 2010では、ファイルを開く際の「読み取りパスワード」と、ファイルを編集する際の「書き込みパスワード」を設定できます。
パスワードによって、重要なファイルの内容を見られないようにしたり、勝手に変更できないようにすることができます。

※ 設定したパスワードを忘れてしまうと、ファイルの読み取りや書き込みができなくなります。
パスワードは忘れないように管理してください。

操作手順

Excel 2010でファイルにパスワードを設定するには、以下の操作手順を行ってください

1. ファイルにパスワードを設定する方法

ファイルにパスワードを設定するには、以下の操作手順を行ってください

  1. パスワードを設定するファイルを開きます。

  2. リボンから「ファイル」タブをクリックして、「名前を付けて保存」をクリックします。
    「ファイル」タブをクリックして、「名前を付けて保存」をクリックします

  3. 「名前を付けて保存」が表示されます。
    画面下部の「ツール」をクリックして、表示される一覧の「全般オプション」をクリックします。
    画面下部の「ツール」をクリックして、表示される一覧の「全般オプション」をクリックします

  4. 「全般オプション」が表示されます。
    「ファイルの共有」欄の「読み取りパスワード」ボックスと「書き込みパスワード」ボックスに、任意のパスワードを入力して、「OK」をクリックします。
    ※ 読み取りパスワードと書き込みパスワードは個別に設定することもできます。

    • 読み取りパスワード : ファイルを開く際のパスワードを設定します。
    • 書き込みパスワード : ファイルを編集する際のパスワードを設定します。

    ここでは例として、読み取りパスワードと書き込みパスワードを同時に設定します。
    読み取りパスワードと書き込みパスワードを同時に設定します

    補足

    「読み取り専用を推奨する」にチェックを入れると、ファイルを開く際に読み取り専用で開くか確認メッセージが表示されます。
    「はい」をクリックすると、パスワード入力に関係なくファイルは読み取り専用で開くので、上書き保存はできなくなります。「いいえ」をクリックした場合は、上書き保存できます。
    読み取り専用確認メッセージ

  5. 「パスワードの確認」が表示されます。
    設定したパスワードを再度入力して、「OK」をクリックします。

    読み取りパスワードの確認
    読み取りパスワードの確認

    書き込みパスワードの確認
    書き込みパスワードの確認

    ※ 書き込みパスワードはファイルの編集を制限する機能です。

  6. 保存先を指定し、「ファイル名」ボックスにファイルの名前を入力して、「保存」をクリックします。
    ここでは例として、ライブラリの「ドキュメント」フォルダーに保存します。
    保存先を指定し、「ファイル名」ボックスにファイルの名前を入力して、「保存」をクリックします

以上で操作完了です。

パスワードが設定できているか、「2. パスワードを設定したファイルを開く方法」を確認してください。

2. パスワードを設定したファイルを開く方法

パスワードを設定したファイルを開くには、以下の操作手順を行ってください

  1. パスワードを設定しているファイルを開きます。

  2. 「パスワード」が表示されます。
    「パスワード」ボックスに設定したパスワードを入力して、「OK」をクリックします。

    読み取りパスワードを設定した場合
    読み取りパスワードを設定した場合

    書き込みパスワードを設定した場合
    書き込みパスワードを設定した場合
    ※ ファイルの編集をしない場合は、「読み取り専用」をクリックします。

    補足

    入力したパスワードが間違っていると、「入力したパスワードが間違っています。…」が表示されます。
    「OK」をクリックして、再度ファイルを開いて、正しいパスワードを入力してください。
    「OK」をクリックして、再度ファイルを開いて、正しいパスワードを入力してください

以上で操作完了です。

3. パスワードを解除する方法

ファイルに設定したパスワードを解除するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「1. ファイルにパスワードを設定する方法」の手順1〜3を行い、「全般オプション」を表示します。

  2. 「全般オプション」が表示されたら、「読み取りパスワード」や「書き込みパスワード」のボックス内を空欄にし、「OK」をクリックします。
    「全般オプション」が表示されたら、「読み取りパスワード」や「書き込みパスワード」のボックス内を空欄にし、「OK」をクリックします
    ※ 「読み取り専用を推奨する」のチェックが入っている場合は、必要に応じてチェックを外します。

  3. 「名前を付けて保存」画面に戻ったら、「保存」をクリックします。
    「名前を付けて保存」に戻ったら、「保存」をクリックします

  4. 「(ファイル名)は既に存在します。上書きしますか?」というメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。
    「(ファイル名)は既に存在します。上書きしますか?」というメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします

以上で操作完了です。

パスワードを入力せずにファイルが開けることを確認してください。

↑ページトップへ戻る

対象製品

Excel 2010がインストールされている機種

↑ページトップへ戻る