Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でCookieを有効にする方法

対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:015648  更新日:2017/09/13

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で、Cookieを有効にする方法について教えてください。

Cookieを有効にすることで、ホームページ内で入力した情報がパソコンに保存されます。

Cookieを有効にすることで、ホームページ内で入力した情報がパソコンに保存されます。

はじめに

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11では、インターネットオプションでCookieを有効にすることができます。
Cookieを有効にすることで、ホームページ内で入力したユーザー名やパスワードなどの情報が保存され、再度同じホームページを開いたときに、保存された情報が入力ボックス内に自動的に表示されます。

ここで案内している方法は、デスクトップ版Internet Explorerで行うことができます。

操作手順

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でCookieを有効にするには、以下の操作手順を行ってください。
※ ここではWindows 8.1のInternet Explorer 11の画面で案内していますが、Windows 7のInternet Explorer 11でも同様の操作が可能です。

  1. デスクトップ版Internet Explorer 11を起動し、「ツール」(ツール)をクリックして、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします。
    画面右上の歯車の形をしたアイコンをクリックし、表示された一覧から「インターネットオプション」をクリックします

  2. 「インターネットオプション」が表示されます。
    「プライバシー」タブをクリックし、「設定」欄の「詳細設定」をクリックします。
    「プライバシー」タブをクリックし、「設定」欄の「詳細設定」をクリックします

  3. 「プライバシーの詳細設定」が表示されます。
    「自動Cookie処理を上書きする」にチェックを入れて、「ファーストパーティのCookie」欄と「サードパーティのCookie」欄の「承諾する」をクリックし、「常にセッションCookieを許可する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
    「自動Cookie処理を上書きする」にチェックを入れて、「ファーストパーティのCookie」欄と「サードパーティのCookie」欄の「承諾する」をクリックし、「常にセッションCookieを許可する」にチェックを入れて「OK」をクリックします

  4. 「インターネットオプション」画面に戻ったら、「OK」をクリックします。
    「インターネットオプション」画面に戻ったら、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る