Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でアドオンを有効/無効に設定する方法

対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:015826  更新日:2017/09/13

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で、アドオンを有効/無効に設定する方法について教えてください。

Internet Explorerの動作が不安定な場合、アドオンの設定を変更することで問題が改善される場合があります。

Internet Explorerの動作が不安定な場合、アドオンの設定を変更することで問題が改善される場合があります。

はじめに

アドオンとは、Internet Explorerに追加でインストールされるツールバーや動画再生機能などの拡張プログラムのことです。
特定のアドオンを一時的に使用しない場合は、「アドオンの管理」画面から無効に設定して動作しないようにできます。
また、無効に設定したアドオンを再度使用するときは、有効に戻します。

  • Internet Explorerの動作に問題が発生している場合、ここで案内する方法でアドオンを1つずつ無効にして、問題が改善するか確認します。特定のアドオンを無効にして改善した場合は、アドオンの提供元に現象について確認してください。

  • なお、特定のアドオンを使用しない場合は、以下の情報を参照してアドオンのアンインストールを行ってください。
    Q&AWindows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でアドオンをアンインストールする方法

ここで案内している設定は、デスクトップ版のInternet Explorerでのみ行うことができます。

操作手順

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でアドオンを有効または無効に設定するには、以下の操作手順を行ってください。
※ ここではWindows 8.1のInternet Explorer 11の画面で案内していますが、Windows 7のInternet Explorer 11でも同様の操作が可能です。

  1. デスクトップ版Internet Explorer 11を起動し、「ツール」(ツール)をクリックして、表示された一覧から「アドオンの管理」をクリックします。
    デスクトップ版Internet Explorer 11を起動し、「ツール」をクリックして、表示された一覧から「アドオンの管理」をクリックします

  2. 「アドオンの管理」が表示されます。
    「表示」ボックスから「すべてのアドオン」をクリックします。
    「表示」ボックスから「すべてのアドオン」をクリックします

  3. 有効または無効に設定したいアドオン名をクリックし、有効に設定する場合は「有効にする」を、無効に設定する場合は「無効にする」をクリックします。
    ここでは例として、「アドオンの種類」欄から「ツールバーと拡張機能」をクリックし、アドオンの一覧から「Shockwave Flash Object」をクリックして、無効に設定します。
    有効または無効に設定したいアドオン名をクリックし、有効に設定する場合は「有効にする」を、無効に設定する場合は「無効にする」をクリックします

    ※ アドオンが無効に設定されている場合、「アドオンの管理」画面右下のボタン名は「有効にする」と表示されます。

以上で操作完了です。

アドオンが有効または無効に設定されたことを確認してください。

無効に設定した場合
無効に設定した場合

↑ページトップへ戻る