Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で広告が画面に表示される場合の対処方法

対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:016566  更新日:2017/06/19

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で、広告が画面に表示される場合の対処方法について教えてください。

Internet Explorer 11の設定変更や特定のプログラムの削除などで、画面に表示された広告が表示されなくなるかを確認します。

Internet Explorer 11の設定変更や特定のプログラムの削除などで、画面に表示された広告が表示されなくなるかを確認します。

はじめに

Internet Explorer 11では、Webページを開くと必要のない広告(宣伝)が表示される場合があります。

原因
  • 「アドオン」が組み込まれた特定のWebページを閲覧した
  • フリーソフトなど広告機能がついたアプリケーションをインストールした
  • 「Flash」などが組み込まれた特定のWebページを閲覧した など

この場合、広告を表示する原因となったアドオンやアプリケーションを削除したり、設定を変更したりして非表示にできるかを確認します。

※ アドオンとは、Internet Explorerなどのソフトウェアの機能を拡張するためのプログラムですが、一部のアドオンには広告を表示するものがあります。FlashプレーヤーやPDFビューアー、各社が提供しているツールバーなどのほかに、さまざまな種類があります。

※ Flashとは、動画やアニメーションを組み合わせてWebページなどに表示する情報や技術のことで、FlashムービーやFlashアニメーションなどがあります。

また、表示しているWebページとは別の画面で広告が表示される場合は、ポップアップブロックを有効にすることで非表示にできます。
ポップアップブロックを有効にするには、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でポップアップブロックを有効/無効に設定する方法

1. 追跡防止機能を有効にする

追跡防止機能では、追跡防止リストに表示されたWeb サイトからのコンテンツをブロックすることができます。
この機能を有効にすることで、広告が非表示になるかを確認します。

以下の情報を参照し、追跡防止機能を有効にして、個人用リストやそのほかの追跡防止リストを追加してください。
Q&AWindows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で追跡防止機能を有効にする方法

2. ActiveXフィルターを有効にする

ActiveXフィルターは、Webサイトで動画やアニメーションなどのプログラムがインストールされることを防止します。
この機能を有効にすることで、広告が非表示になるかを確認します。

ActiveXフィルターを有効にする方法は、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でActiveXフィルターを有効にする方法

3. アドオンを無効にする

Internet Explorer 11には、プリインストールされているアドオンや、追加したアドオンなど、複数のアドオンが組み込まれています。
これらを1つずつ無効にし、広告を表示するアドオンを特定します。

Internet Explorer 11でアドオンを無効に設定する方法は、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でアドオンを有効/無効に設定する方法

特定できた場合は、そのアドオンを無効に設定するかアンインストールします。
アドオンを削除する方法は、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でアドオンをアンインストールする方法

補足

お使いのパソコンがWindows 7の場合は、以下の手順でアドオンなしのInternet Explorerを起動し、アドオンが原因かどうかを確認することができます。

  1. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Internet Explorer(アドオンなし)」の順にクリックします。
    「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Internet Explorer(アドオンなし)」の順にクリックします

  2. アドオンなしモードのInternet Explorer 11が起動します。
    この状態でWebページを閲覧し、広告が表示されるか確認します。
    この状態でWebページを閲覧し、広告が表示されるか確認します

※ 広告が表示されない場合は、アドオンが広告を表示している可能性があるため、上記のアドオンの無効または削除を行ってください。 広告が表示される場合は、アドオン以外の原因が考えられるため、ほかの項目を参照してください。

4. Internet Explorer 11の設定をリセットする

Internet Explorer 11の設定をリセットし、初期状態に戻すことで広告が非表示になるかを確認します。
一部のアドオンは無効になるか削除されます。

Internet Explorer 11の設定をリセットする方法は、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で設定を初期状態に戻す方法

5. アプリケーションを確認する

アプリケーションによっては、広告の表示機能が付加されたものや、同時にインストールされるものがあります。
広告が表示され始めたころにインストールしたアプリケーションの有無を確認し、アプリケーションが特定できる場合は、以下を確認してください。

  • アプリケーションの添付マニュアルや「ヘルプ」を確認する
    添付マニュアルや「ヘルプ」に、広告に関する案内があるか確認します。

  • アプリケーションを削除する
    アプリケーションを削除すると、広告が非表示になる場合があります。

    添付マニュアルや「ヘルプ」がある場合は、削除方法を確認します。
    そのほかアプリケーションを削除する方法は、以下の情報を参照してください。
    Q&Aアプリケーションの追加や削除を行う方法

6. ウイルス対策ソフトの設定を変更する

ウイルス対策ソフトによっては、(悪意ある)Flashなどの表示を抑制する機能が用意されています。

抑制機能を利用するには、ウイルス対策ソフトの添付マニュアルや「ヘルプ」を参照してください。
また、ウイルス対策ソフトのサポートセンターに確認してください。
※ 抑制機能を利用すると、特に害のないFlashなどの表示も抑制してしまう場合があります。

7. システムの復元を行う

システムの復元で広告が表示される以前の状態にパソコンを戻し、広告が非表示になるかを確認します。

システムの復元については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8 / 8.1でシステムの復元を使用してパソコンを以前の状態に戻す方法
Q&AWindows 7でシステムの復元を使用してパソコンを以前の状態に戻す方法

8. 再セットアップを行う

上記の対処方法で改善されない場合は、再セットアップを行い、広告が非表示になるかを確認します。
ただし、Webページに組み込まれた広告などで非表示にできないものもあるため、必要に応じて再セットアップを行ってください。

再セットアップについては、以下の情報を参照してください。
Q&A再セットアップの概要(Windows 8.1)
Q&A再セットアップの概要(Windows 7)

↑ページトップへ戻る