Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます。」というメッセージが表示される場合の対処方法

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます。」というメッセージが表示される場合の対処方法

Q&A番号:017072  更新日:2017/11/10
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR、Mate、VersaPro
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional

Q&A番号:017072  更新日:2017/11/10

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で、「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます。」というメッセージが表示される場合の対処方法について教えてください。

Internet Explorer 11の閲覧速度に応じて、アドオンを有効または無効に設定します。

Internet Explorer 11の閲覧速度に応じて、アドオンを有効または無効に設定します。

はじめに

デスクトップ版Internet Explorer 11を起動すると、画面下部に「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます。」というメッセージが表示されることがあります。
「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます。」メッセージ

このメッセージは、処理に時間がかかるアドオンがInternet Explorerに組み込まれていると表示されます。
※ アドオンとは、Internet Explorerの機能を拡張するためのプログラムのことです。

アドオンを有効にすると、ブラウザーに独自のツールバーを追加したり、初期状態では表示できない動画を再生したりできます。
しかし、アドオンの中には処理に時間がかかるものがあり、Webページの表示が遅くなる原因となることがあります。

メッセージが表示された場合は、表示に時間がかかるアドオンを無効にして、改善するかどうか確認します。
閲覧の速度に問題がないときは、メッセージが表示されても「無効にしない」設定で使用することをおすすめします。

  • この操作は、デスクトップ版Internet Explorer 11で行うことができます。
  • ここではWindows 8.1のInternet Explorer 11の画面で案内していますが、Windows 7のInternet Explorer 11でも同様の操作が可能です。

対処方法

Windows 8.1 / 7のInternet Explorer 11で「アドオンを無効にすることで、閲覧の速度を上げます。」というメッセージが表示される場合は、以下の対処方法を行ってください。

1. アドオンを無効にする場合

アドオンを無効にするには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「アドオンの選択」をクリックします。
    「アドオンの選択」をクリックします

  2. 「アドオンを選択します」が表示されます。
    アドオンごとの処理速度を確認し、無効にしたいアドオンの「無効にする」をクリックします。
    ここでは例として、一番上のアドオンを無効にします。
    アドオンごとの処理速度を確認し、無効にしたいアドオンの「無効にする」をクリックします

    補足

    アドオンをすべて無効にする場合は、上記の画面で「すべて無効」をクリックし、「すべてのアドオンを無効にしますか?」というメッセージが表示されたら「無効にする」をクリックします。
    「すべてのアドオンを無効にしますか?」というメッセージが表示されたら「無効にする」をクリックします

  3. メッセージが表示されるまでの時間を変更するには、「アドオンによる遅延が次の値を超えた場合に知らせる」ボックスから任意の秒数をクリックします。
    メッセージが表示されるまでの時間を変更するには、「アドオンによる遅延が次の値を超えた場合に知らせる」ボックスから任意の秒数をクリックします
    ※ 初期状態では「0.20秒」で設定されています。

  4. 設定が完了したら、「完了」をクリックします。
    設定が完了したら、「完了」をクリックします

以上で操作完了です。

無効にしたアドオンが起動しないことを確認してください。

補足

無効にしたアドオンを有効にする方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1 / 7のInternet Explorer 11でアドオンを有効/無効に設定する方法

2. アドオンの設定を後で確認する場合

アドオンの設定を後で確認するには、以下の操作を行ってください。

「後で確認する」をクリックします。
「後で確認する」をクリックします

以上で操作完了です。

メッセージが消えたことを確認してください。

補足

しばらくすると再度メッセージが表示されます。必要に応じて「無効にする」または「無効にしない」などの対応を行ってください。

3. アドオンを無効にしない場合

アドオンを無効にしない場合は、以下の操作を行ってください。

「後で確認する」右側の「▼」をクリックし、表示された一覧から「無効にしない」をクリックします。
「後で確認する」右側の「▼」をクリックし、表示された一覧から「無効にしない」をクリックします

以上で操作完了です。

メッセージが消えたことを確認してください。

↑ページトップへ戻る