Windows 10でWindows Defenderファイアウォールの許可リストにアプリを追加/削除する方法

Windows 10でWindows Defenderファイアウォールの許可リストにアプリを追加/削除する方法

Q&A番号:018030  更新日:2019/01/21
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018030  更新日:2019/01/21

Windows 10で、Windows Defenderファイアウォールの許可リストにアプリを追加または削除する方法について教えてください。

Windows Defenderファイアウォールの許可リストにアプリを追加または削除することで、特定のアプリの通信を許可するかブロックするかを設定できます。

Windows Defenderファイアウォールの許可リストにアプリを追加または削除することで、特定のアプリの通信を許可するかブロックするかを設定できます。

はじめに

Windows Defenderファイアウォールは、ネットワークを介した不正アクセスからお使いのパソコンを守る機能です。

Windows Defenderファイアウォールでは、セキュリティを強化するために、ほとんどのアプリの通信をブロックしています。
アプリが正常に情報を通信するには、Windows Defenderファイアウォール経由の通信を許可する必要があります。
許可リストに表示されていないアプリは、アプリの追加画面からやパスを指定して追加することができます。
※ アプリごとに情報の通信を許可すると、外部からの侵入や攻撃をされる可能性が高くなるので、必要な場合のみ許可してください。

Windows Defenderファイアウォールの設定をアプリごとに許可するには、管理者アカウントでサインインする必要があります。
管理者アカウントについては、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10のユーザーアカウントの種類(管理者/標準)について

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でWindows Defenderファイアウォールの許可リストにアプリを追加または削除するには、以下の操作手順を行ってください。

1. 設定から許可リストにアプリを追加または削除する方法

設定から許可リストにアプリを追加または削除するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「アイコン」(設定)の順にクリックします。
    「スタート」から「設定」の順にクリックします

  2. 「設定」が表示されます。
    「更新とセキュリティ」をクリックします。
    「ネットワークとインターネット」をクリックします

  3. 「更新とセキュリティ」が表示されます。
    画面右側から「Windowsセキュリティ」をクリックして、「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」をクリックします。
    画面右側から「Windowsセキュリティ」をクリックして、「Windows Defenderセキュリティセンターを開きます」をクリックします

  4. 「Windows Defenderセキュリティセンター」が起動します。
    「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします
    「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします

  5. 「Windows Defenderセキュリティーセンター」が起動し、「ファイアウォールとネットワーク保護」が表示されます。
    「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。
    「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします

  6. 「アプリにWindows Defenderファイアウォール経由の通信を許可する」が表示されます。
    「別のアプリの許可」をクリックします。
    ※ アプリを削除したい場合は、操作手順完了後の補足に進んでください。
    「別のアプリの許可」をクリックします

    補足

    「別のアプリの許可」をクリックできない状態の場合は、「設定の変更」をクリックします。
    「別のアプリの許可」をクリックできない状態の場合は、「設定の変更」をクリックします

  7. 「アプリの追加」が表示されます。
    「アプリ」欄から追加するアプリをクリックして、「追加」をクリックします。
    ここでは例として、「メモ帳」をクリックします。
    「アプリ」欄から追加するアプリをクリックして、「追加」をクリックします
    ※ 「アプリ」欄に追加するアプリがない場合は、「参照」をクリックして、該当のアプリを追加してください。

  8. 「アプリにWindows Defenderファイアウォール経由の通信を許可する」画面に戻ったら、「許可されたアプリおよび機能」欄に「メモ帳」が追加され、チェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックします。
    ※ 既定では現在使用されているネットワークの場所にチェックが入ります。
    「許可されたアプリおよび機能」欄に「メモ帳」が追加され、チェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックします

    補足

    Windows Defenderファイアウォールの設定をアプリごとに許可するには、以下の情報を参照してください。
    Q&AWindows 10でWindows Defenderファイアウォールの設定をアプリごとに許可する方法

以上で操作完了です。

補足

許可リストからアプリを削除したい場合は、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「許可されたアプリおよび機能」欄から削除したいアプリをクリックして、「削除」をクリックします
    「許可されたアプリおよび機能」欄から削除したいアプリをクリックして、「削除」をクリックします

  2. 「アプリの削除」が表示されます。
    「はい」をクリックします。
    「はい」をクリックします

  3. 削除したアプリが「許可されたアプリおよび機能」欄にないことを確認して、「OK」をクリックします。
    削除したアプリが「許可されたアプリおよび機能」欄にないことを確認して、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

2. コントロールパネルから許可リストにアプリを追加または削除する方法

コントロールパネルから許可リストにアプリを追加または削除するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」をクリックし、アプリの一覧を表示します。
    「W」欄の「Windowsシステムツール」をクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。
    「コントロールパネル」をクリックします

  2. 「コントロールパネル」が表示されます。
    「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「システムとセキュリティ」をクリックします。
    ※ 表示方法がアイコンの場合は「Windows Defenderファイアウォール」をクリックし、手順4へ進みます。
    「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「システムとセキュリティ」をクリックします

  3. 「Windows Defenderファイアウォール」をクリックします。
    「Windows Defenderファイアウォール」をクリックします

  4. 「Windows Defenderファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。
    「Windows Defenderファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします

  5. 「Windows Defenderファイアウォールを有効にする」をクリックし、「許可されたアプリの一覧にあるアプリも含め、すべての着信接続をブロックする」のチェックを外して「OK」をクリックします。
    ※ 使用しているネットワークの種類(プライベートまたはパブリック)に応じて、設定してください。
    「Windows Defenderファイアウォールを有効にする」をクリックし、「許可されたアプリの一覧にあるアプリも含め、すべての着信接続をブロックする」のチェックを外して「OK」をクリックします

  6. 「Windows Defenderファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」をクリックします。
    「Windows Defenderファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」をクリックします

  7. 「アプリにWindows Defenderファイアウォール経由の通信を許可する」が表示されます。
    「別のアプリの許可」をクリックします。
    ※ アプリを削除したい場合は、操作手順完了後の補足に進んでください。
    「別のアプリの許可」をクリックします

    補足

    「別のアプリの許可」をクリックできない状態の場合は、「設定の変更」をクリックします。
    「別のアプリの許可」をクリックできない状態の場合は、「設定の変更」をクリックします

  8. 「アプリの追加」が表示されます。
    「アプリ」欄から追加するアプリをクリックして、「追加」をクリックします。
    ここでは例として、「メモ帳」をクリックします。
    「アプリ」欄から追加するアプリをクリックして、「追加」をクリックします
    ※ 「アプリ」欄に追加するアプリがない場合は、「参照」をクリックして、該当のアプリを追加してください。

  9. 「アプリにWindows Defenderファイアウォール経由の通信を許可する」画面に戻ったら、「許可されたアプリおよび機能」欄に「メモ帳」が追加され、チェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックします。
    ※ 既定では現在使用されているネットワークの場所にチェックが入ります。
    「許可されたアプリおよび機能」欄に「メモ帳」が追加され、チェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックします

    補足

    Windows Defenderファイアウォールの設定をアプリごとに許可するには、以下の情報を参照してください。
    Q&AWindows 10でWindows Defenderファイアウォールの設定をアプリごとに許可する方法

以上で操作完了です。

補足

許可リストからアプリを削除したい場合は、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「許可されたアプリおよび機能」欄から削除したいアプリをクリックして、「削除」をクリックします
    「許可されたアプリおよび機能」欄から削除したいアプリをクリックして、「削除」をクリックします

  2. 「アプリの削除」が表示されます。
    「はい」をクリックします。
    「はい」をクリックします

  3. 削除したアプリが「許可されたアプリおよび機能」欄にないことを確認して、「OK」をクリックします。
    削除したアプリが「許可されたアプリおよび機能」欄にないことを確認して、「OK」をクリックします

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る