Windows 10でディスククリーンアップを実行する方法

対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:018335  更新日:2016/12/05

Windows 10で、ディスククリーンアップを実行する方法について教えてください。

Windows 10では、ディスククリーンアップを実行すると、不要なファイルを削除して、ハードディスクの空き領域を増やすことができます。

Windows 10では、ディスククリーンアップを実行すると、不要なファイルを削除して、ハードディスクの空き領域を増やすことができます。

はじめに

パソコンを使用していると、アプリケーションで作成される一時ファイルや、ブラウザーでWebページを閲覧した際にインターネット一時ファイルなどが保存されます。
これらの不要なファイルを安全に削除し、ハードディスクの空き領域を増やす機能がディスククリーンアップです。

ディスククリーンアップで不要なファイルの削除を行うには、使用しているアカウントのユーザーファイルを対象にして行う方法と、システムファイルを含むパソコン全体のファイルを対象にして行う方法があります。
それぞれのディスククリーンアップで削除できるファイルについては、補足を参照してください。

※ ディスククリーンアップで削除したファイルは復元できないため、ファイルの選択には注意してください。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でディスククリーンアップを実行するには、以下の操作手順を行ってください。

1. ユーザーアカウントに関連付けられたファイルを対象に行う方法

ユーザーアカウントに関連付けられたファイルに対してディスククリーンアップを行うには、以下の操作手順を行ってください。

  1. ディスククリーンアップを実行したいユーザーアカウントでパソコンにサインインします。

  2. タスクバーから「エクスプローラー」をクリックします。
    タスクバーから「エクスプローラー」をクリックします

  3. 「エクスプローラー」が表示されます。
    画面左側のナビゲーションウィンドウから「PC」をクリックします。
    画面左側のナビゲーションウィンドウから「PC」をクリックします

  4. 「PC」が表示されます。
    ディスククリーンアップを行うドライブをクリックして、リボンから「管理」タブをクリックし、「管理」グループの「クリーンアップ」をクリックします。
    ここでは例として、「Windows(C:)」のドライブをクリックします。
    ディスククリーンアップを行うドライブをクリックして、リボンから「管理」タブをクリックし、「管理」グループの「クリーンアップ」をクリックします

  5. 空き領域を計算するので、しばらく待ちます。
    空き領域を計算するので、しばらく待ちます

  6. 「ディスククリーンアップ - Windows(C:)」が表示されます。
    「削除するファイル」ボックスから、削除したくない項目のチェックを外して、「OK」をクリックします。
    「ディスククリーンアップ - Windows(C:)」が表示されたら、「削除するファイル」ボックスから、削除したくない項目のチェックを外して、「OK」をクリックします

    補足

    • 「削除するファイル」ボックスから項目をクリックして、画面右下の「ファイルの表示」をクリックすると、どのようなファイルが存在しているかを確認できます。
      画面右下に「ファイルの表示」が表示される項目は、クリックするとどのようなファイルが存在しているかを確認できます

    • ディスククリーンアップの実行前に、増加する容量を確認することができます。

      ディスククリーンアップを実行して増加する容量の最大量
      画面上部の「空き領域が○○増加します」が表しています。
      ここでは「254MB」であることがわかります。

      増加するディスク領域の合計
      「削除するファイル」欄でチェックを入れた項目の合計で、実際に増加する容量を表しています。
      ここでは「37.4MB」であることがわかります。

      ディスククリーンアップの実行前に、増加する容量を確認することができます

  7. 「これらのファイルを完全に削除しますか?」というメッセージが表示されたら、「ファイルの削除」をクリックします。
    「これらのファイルを完全に削除しますか?」が表示されたら、「ファイルの削除」をクリックします

  8. 「このコンピューターにある不要なファイルを整理しています。」という画面が表示され、不要なファイルがパソコンから削除されます。
    「このコンピューターにある不要なファイルを整理しています。」が表示され、不要なファイルがパソコンから削除されます

以上で操作完了です。

ハードディスクの空き容量が増えたことを確認してください。

2. パソコンのすべてのファイルを対象に行う方法

パソコンのすべてのファイルに対してディスククリーンアップを行うには、以下の操作手順を行ってください。

  1. デスクトップでエクスプローラーを起動します。
    デスクトップでエクスプローラーを起動します

  2. 「エクスプローラー」が表示されます。
    画面左側のナビゲーションウィンドウから「PC」をクリックします。
    画面左側のナビゲーションウィンドウから「PC」をクリックします

  3. 「PC」が表示されます。
    ディスククリーンアップを行うドライブをクリックして、リボンから「管理」タブをクリックし、「管理」グループの「クリーンアップ」をクリックします。
    ここでは例として、「Windows(C:)」のドライブをクリックします。
    ディスククリーンアップを行うドライブをクリックして、リボンから「管理」タブをクリックし、「管理」グループの「クリーンアップ」をクリックします

  4. 空き領域を計算するので、しばらく待ちます。
    空き領域を計算するので、しばらく待ちます

  5. 「ディスククリーンアップ - Windows(C:)」が表示されます。
    「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。
    「ディスククリーンアップ - Windows(C:)」が表示されたら、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします

  6. 空き領域を計算するので、しばらく待ちます。
    空き領域を計算するので、しばらく待ちます

  7. 「ディスククリーンアップ - Windows(C:)」が表示されます。
    「削除するファイル」ボックスから、削除したくない項目のチェックを外して、「OK」をクリックします。
    「ディスククリーンアップ - Windows(C:)」が表示されたら、「削除するファイル」ボックスから、削除したくない項目のチェックを外して、「OK」をクリックします

    補足

    • 「削除するファイル」ボックスには、「Windows Defender」や「デバイスドライバーパッケージ」など、システムファイルに関連する項目が表示されます。

    • 「削除するファイル」ボックスから項目をクリックして、画面右下の「ファイルの表示」をクリックすると、どのようなファイルが存在しているかを確認できます。
      画面右下に「ファイルの表示」が表示される項目は、クリックするとどのようなファイルが存在しているかを確認できます

    • ディスククリーンアップの実行前に、増加する容量を確認することができます。

      ディスククリーンアップを実行して増加する容量の最大量
      画面上部の「空き領域が○○増加します」が表しています。
      ここでは「3.99TB」であることがわかります。

      増加するディスク領域の合計
      「削除するファイル」欄でチェックを入れた項目の合計で、実際に増加する容量を表しています。
      ここでは「116KB」であることがわかります。

      ディスククリーンアップの実行前に、増加する容量を確認することができます

  8. 「これらのファイルを完全に削除しますか?」というメッセージが表示されたら、「ファイルの削除」をクリックします。
    「これらのファイルを完全に削除しますか?」が表示されたら、「ファイルの削除」をクリックします

  9. 「このコンピューターにある不要なファイルを整理しています。」という画面が表示され、不要なファイルがパソコンから削除されます。
    「このコンピューターにある不要なファイルを整理しています。」が表示され、不要なファイルがパソコンから削除されます

以上で操作完了です。

ハードディスクの空き容量が増えたことを確認してください。

補足

Windows 10のディスククリーンアップでは、以下のファイルを削除することができます。
※ 使用しているパソコン環境によっては、項目が異なる場合があります。

ユーザーアカウントに関連付けられたファイル
  • 「ログファイルの設定」
    アプリケーションをインストールしたときWindows 10で作成したファイル

  • 「ダウンロードされたプログラムファイル」
    特定のWebページを表示したとき自動でダウンロードされるプログラムファイル

  • 「インターネット一時ファイル」
    過去に表示したWebページの情報をパソコンに保存したファイル

  • 「オフラインWebページ」
    インターネットに接続していない状態でもWebページを表示できるように保存されたファイル

  • 「システムによってアーカイブ(キュー)されたエラー報告ファイル」
    アプリケーションが動作しなくなったとき、Microsoftにエラーを報告するために作成されたファイル

  • 「ごみ箱」
    デスクトップのごみ箱に移動したファイル(完全に削除されていないファイル)

  • 「一時ファイル」
    アプリケーションが「TEMP」フォルダーに保存した一時的なファイル

  • 「縮小表示」
    フォルダーを縮小表示したときに表示される縮小画像をすばやく表示するためのファイル

システムファイルを含むすべてのファイル

「ユーザーアカウントに関連付けられたファイル」に加えて、以下のシステムファイルが削除できます。

  • 「Windows Defender」
    Windows Defenderで使用する重要度の低いファイル

  • 「システムエラーのメモリダンプファイル」
    システムにエラーが発生したときのメモリの内容を保存したファイル

  • 「デバイスドライバーパッケージ」
    古いバージョンのドライバーに関するファイル(最新バージョンのドライバーパッケージは対象外)

  • 「一時Windowsインストールファイル」
    Windowsセットアップによりインストール処理で残されたファイル

↑ページトップへ戻る