Excel 2016で郵便番号から住所(住所から郵便番号)を変換する方法

Excel 2016で郵便番号から住所(住所から郵便番号)を変換する方法

Q&A番号:019262  更新日:2018/06/25
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro

Q&A番号:019262  更新日:2018/06/25

Excel 2016で、郵便番号から住所(住所から郵便番号)を変換する方法について教えてください。

Microsoft社が提供しているExcel用のアドイン「郵便番号変換ウィザード」を利用して、郵便番号から住所(住所から郵便番号)へ変換できます。

Microsoft社が提供しているExcel用のアドイン「郵便番号変換ウィザード」を利用して、郵便番号から住所(住所から郵便番号)へ変換できます。

はじめに

Excel 2016では、Excel用のアドイン「郵便番号変換ウィザード」をMicrosoft社から入手して追加できます。
「郵便番号変換ウィザード」を利用すると、郵便番号から住所へ変換でき、さらに住所から郵便番号へ変換することもできます。

Excel 2016用のアドイン「郵便番号変換ウィザード」は現時点でMicrosoft社から提供されていませんが、Excel 2010用のアドイン「郵便番号変換ウィザード」を追加して利用できます。

※ 郵便番号と住所を変換するには、ほかにも、IMEの機能を利用する方法があります。
手順については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10のMicrosoft IMEで郵便番号を住所に変換する方法
Q&AWindows 8 / 8.1のMicrosoft IME 2012で郵便番号を住所に変換する方法

操作手順

Excel 2016で郵便番号から住所(住所から郵便番号)を変換するには、以下の操作手順を行ってください。

以下の項目を順に確認してください。

※ 項目1、2でアドインの登録を行い、項目3でデータの変換を行います。
2回目以降アドインを登録済みの場合は、項目3を確認してください。

1. アドインを入手しインストールする

「郵便番号変換ウィザード」アドインを入手するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Microsoft Edgeを起動し、次のWebページを表示します。
    外部サイトMicrosoft社 - Excel アドイン: 郵便番号変換ウィザード
    ※ Excel 2016の場合も、このアドインを使用します。

  2. 上記のページを表示すると自動的にダウンロードが始まり、「zipcode7.xla(241KB)について行う操作を選んでください。…」と表示されるので、「保存」をクリックします。
    ※ 初期設定では、「ダウンロード」フォルダーに保存されます。
    「zipcode7.xla(241KB)について行う操作を選んでください。…」と表示されるので、「保存」をクリックします

  3. 「zipcode7.xlaのダウンロードが終了しました。」と表示されるので、「フォルダーを開く」をクリックします。
    「zipcode7.xlaのダウンロードが終了しました。」と表示されるので、「フォルダーを開く」をクリックします

  4. 「ダウンロード」が表示されます。
    zipcode7.xlaの上で右クリックし、表示された一覧から「コピー」をクリックします。
    zipcode7.xlaの上で右クリックし、表示された一覧から「コピー」をクリックします

  5. エクスプローラーで「C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16\Library」を開き、コピーしたファイルを貼り付けます。
    「Library」フォルダー内で右クリックし、表示された一覧から「貼り付け」をクリックします。
    エクスプローラーで「C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16\Library」を開き、コピーしたファイルを貼り付けます

  6. 「対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました」と表示されたら、「続行」をクリックします。
    「対象のフォルダーへのアクセスは拒否されました」と表示されたら、「続行」をクリックします

  7. 「Library」フォルダーにファイルがコピーされたことを確認します。
    「Library」フォルダーにファイルがコピーされたことを確認します

以上で操作完了です。

2. インストールしたアドインを適用する

インストールした「郵便番号変換ウィザード」アドインを適用するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. リボンから「ファイル」タブをクリックします。
    リボンから「ファイル」タブをクリックします

  2. 「オプション」をクリックします。
    「オプション」をクリックします

  3. 「Excelのオプション」が表示されます。
    画面左側から「アドイン」をクリックします。
    画面左側から「アドイン」をクリックします

  4. 「管理」ボックスから「Excelアドイン」をクリックして、「設定」をクリックします。
    「管理」ボックスから「Excelアドイン」をクリックして、「設定」をクリックします

  5. 「アドイン」が表示されます。
    「郵便番号変換ウィザード」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。
    「郵便番号変換ウィザード」にチェックを入れて、「OK」をクリックします

  6. Excelを開き直して、「アドイン」タブが表示されることを確認します。
    Excelを開き直して、「アドイン」タブが表示されることを確認します

以上で操作完了です。

3. 「郵便番号変換ウィザード」を実行する

「郵便番号変換ウィザード」を利用して、郵便番号から住所(住所から郵便番号)へ変換します。

以下の該当する項目を確認してください。

郵便番号から住所へ変換する方法

郵便番号から住所へ変換するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 郵便番号を入力します。
    郵便番号を入力します

  2. リボンから「アドイン」タブをクリックし、「ウィザード」をクリックして、「郵便番号変換」をクリックします。
    リボンから「アドイン」タブをクリックし、「ウィザード」をクリックして、「郵便番号変換」をクリックします

  3. 「郵便番号変換ウィザード ステップ-1/3」が表示されます。
    「郵便番号から住所を生成する」をクリックし、「次へ」をクリックします。
    「郵便番号から住所を生成する」をクリックし、「次へ」をクリックします

  4. 「郵便番号変換ウィザード ステップ-2/3」が表示されます。
    Excelの表で郵便番号が入力されているセルをドラッグして範囲選択します。
    「郵便番号データのセル範囲」ボックスにセル範囲が正しく表示されたことを確認します。
    郵便番号が入力されているセルをドラッグし、「郵便番号データのセル範囲」ボックスにセル範囲が正しく表示されたことを確認します

  5. 「住所を出力するセル範囲」ボックスをクリックし、Excelの表で住所を出力するセルをドラッグして範囲選択します。
    「住所を出力するセル範囲」ボックスにセル範囲が正しく表示されたことを確認し、「次へ」をクリックします。
    住所を出力するセルをドラッグし、「住所を出力するセル範囲」ボックスにセル範囲が正しく表示されたことを確認し、「次へ」をクリックします

  6. 「郵便番号変換ウィザード ステップ-3/3」が表示されます。
    「コメントに出力する」をクリックし、「完了」をクリックします。
    「コメントに出力する」を選択し、「完了」をクリックします

以上で操作完了です。

郵便番号から住所への変換ができたことを確認してください。
郵便番号から住所への変換ができたことを確認してください

補足

郵便番号データに不備があると、郵便番号が入力されているセルにコメントが出力されます。
コメントの出力例

住所から郵便番号へ変換する方法

住所から郵便番号へ変換するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 住所を入力します。
    住所を入力します

  2. リボンから「アドイン」タブをクリックし、「ウィザード」をクリックして、「郵便番号変換」をクリックします。
    リボンから「アドイン」タブをクリックし、「ウィザード」をクリックして、「郵便番号変換」をクリックします

  3. 「郵便番号変換ウィザード ステップ-1/3」が表示されます。
    「住所から郵便番号を生成する」をクリックし、「次へ」をクリックします。
    「住所から郵便番号を生成する」をクリックし、「次へ」をクリックします

  4. 「郵便番号変換ウィザード ステップ-2/3」が表示されます。
    Excelの表で住所が入力されているセルをドラッグして範囲選択します。
    「住所データのセル範囲」ボックスにセル範囲が正しく表示されたことを確認します。
    住所が入力されているセルをドラッグし、「住所データのセル範囲」ボックスにセル範囲が正しく表示されたことを確認します

  5. 「郵便番号を出力するセル範囲」ボックスをクリックし、Excelの表で郵便番号を出力するセルをドラッグして範囲選択します。
    「郵便番号を出力するセル範囲」ボックスにセル範囲が正しく表示されたことを確認し、「次へ」をクリックします。
    郵便番号を出力するセルをドラッグし、「郵便番号を出力するセル範囲」ボックスにセル範囲が正しく表示されたことを確認し、「次へ」をクリックします

  6. 「郵便番号変換ウィザード ステップ-3/3」が表示されます。
    「コメントに出力する」をクリックし、「完了」をクリックします。
    「コメントに出力する」を選択し、「完了」をクリックします

以上で操作完了です。

住所から郵便番号への変換ができたことを確認してください。
住所から郵便番号への変換ができたことを確認してください

補足

住所データに不備があると、住所が入力されているセルにコメントが出力されます。
コメントの出力例

↑ページトップへ戻る