Excel 2016でセルの左上に緑の三角マークや「!」が表示される場合の対処方法

Excel 2016でセルの左上に緑の三角マークや「!」が表示される場合の対処方法

Q&A番号:019492  更新日:2018/06/25
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro

Q&A番号:019492  更新日:2018/06/25

Excel 2016で、セルの左上に緑の三角マークや「!」が表示される場合の対処方法について教えてください。

セルに緑の三角マークが表示された場合は、エラー内容を確認し、数式や値の修正を行います。

セルに緑の三角マークが表示された場合は、エラー内容を確認し、数式や値の修正を行います。

はじめに

Excel 2016では、セルに数式を入力したとき、セルの左上に緑色の三角マークが表示され、セルをクリックすると「!」アイコンが表示されることがあります。

このアイコンは、入力した数式や参照している値に誤りがあるか、前後の数式と矛盾している場合に表示されます。
表示されているエラーを確認し、数式の確認や修正を行うか、数式に問題がない場合はエラー表示を削除します。

  • エラーによっては、セルに「#DIV/0!」や「#VALUE!」などの文字列が表示されることがあります。
  • ファイルを印刷しても、緑色の三角マークや「!」アイコンは印刷されません。

緑の三角マークと「!」アイコン(一例)
緑の三角マークと「!」アイコン(一例)

対処方法

Excel 2016でセルの左上に緑の三角マークや「!」が表示される場合は、以下の対処方法を行ってください。

  1. 左上に緑の三角マークが表示されているファイルを表示します。
    左上に緑の三角マークが表示されているファイルを表示します

  2. 緑の三角マークが表示されているセルをクリックし、セルに近くに表示される「!」をクリックします。
    ここでは例として、セル「E3」のエラーを修正します。
    緑の三角マークが表示されているセルをクリックし、セルに近くに表示される「!」をクリックします

  3. 表示された一覧から、一番上に表示されているエラーを確認し、任意の項目をクリックしてエラーを修正します。

    • 「数式を上(左)からコピーする」
      隣接するセルの数式と異なるため、上または左のセルの数式をコピーします。
      ※ エラーによっては表示されません。

    • 「計算の過程を表示」
      表示される「数式の検証」画面で計算過程を確認し、エラーの原因となっている箇所を特定して修正します。
      ※ エラーによっては表示されません。

    • 「エラーを無視する」
      数式や表示内容に問題がない場合に、エラー表示を消します。

    • 「数式バーで編集」
      数式バーにカーソルを移動し、数式を直接修正します。

    ここでは例として、「矛盾した数式」エラーが表示されているため、「数式を上からコピーする」をクリックします。
    表示された一覧から、一番上に表示されているエラーを確認し、任意の項目をクリックしてエラーを改善します
    ※ 「このエラーに関するヘルプ」をクリックすると、ヘルプが表示され、エラーの詳細や対処方法などを確認できます。

以上で操作完了です。

セルから緑の三角マークや「!」が消えたことを確認してください。
セルから緑の三角マークや「!」が消えたことを確認してください
※ 緑の三角マークが複数箇所に表示されている場合は、同様の手順で修正します。

↑ページトップへ戻る