Windows 10でネットワークの共有を有効/無効に設定する方法

Windows 10でネットワークの共有を有効/無効に設定する方法

Q&A番号:020604  更新日:2018/07/13
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:020604  更新日:2018/07/13

Windows 10で、ネットワークの共有を有効/無効に設定する方法について教えてください。

接続するネットワークの場所に応じて、ネットワーク共有を有効または無効に設定する必要があります。

接続するネットワークの場所に応じて、ネットワーク共有を有効または無効に設定する必要があります。

はじめに

パソコンをネットワークに接続する場合、接続するネットワークの場所に応じて、ネットワークの共有設定を変更する必要があります。
接続可能なネットワークの場所とそれぞれの共有設定については、以下のとおりです。

  • パブリックネットワーク
    外出先など公共の場所にあるネットワークを使用する場合に接続します。
    また、ネットワークの共有は「無効」に設定されます。

  • プライベートネットワーク
    自宅やオフィスなど特定のネットワークを使用する場合に接続します。
    また、ネットワークの共有は「有効」に設定されます。

ネットワークの共有設定を有効にすると、ネットワーク上でほかのパソコンとファイルやデバイスを自動で共有できるようになります。
そのため、不特定多数が利用可能な公共のネットワークに接続する場合は、セキュリティ上、ネットワーク共有を無効にしてください。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でネットワークの共有を有効/無効に設定するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 「スタート」→「設定」(設定)の順にクリックします。
    「スタート」→「設定」の順にクリックします

  2. 「設定」が表示されます。
    「ネットワークとインターネット」をクリックします。
    「ネットワークとインターネット」をクリックします

  3. 「ネットワークとインターネット」が表示されます。
    「状態」をクリックし、「接続プロパティの変更」をクリックします。
    「状態」をクリックし、「接続プロパティの変更」をクリックします

  4. 接続しているネットワーク名が表示されます。
    ネットワーク共有を有効にする場合は、「ネットワークプロファイル」欄から「プライベート」をクリックします。
    ネットワーク共有を無効にする場合は、「ネットワークプロファイル」欄から「パブリック」をクリックします。
    ネットワーク共有を有効にする場合は「ネットワークプロファイル」欄を「プライベート」に、無効にする場合は「パブリック」に設定します

以上で操作完了です。

補足

ネットワークの共有設定を確認する場合は、手順3の画面を再度表示します。
共有設定が有効の場合は「プライベートネットワーク」、無効の場合は「パブリックネットワーク」と表示されています。
ネットワークの共有の設定が有効の場合は「プライベートネットワーク」、無効の場合は「パブリックネットワーク」が表示されています

↑ページトップへ戻る