Windows 10のInternet Explorer 11で「Webページへのナビゲーションは取り消されました」というエラーメッセージが表示される場合の対処方法

Windows 10のInternet Explorer 11で「Webページへのナビゲーションは取り消されました」というエラーメッセージが表示される場合の対処方法

Q&A番号:020757  更新日:2018/12/11
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:020757  更新日:2018/12/11

Windows 10のInternet Explorer 11で、「Webページへのナビゲーションは取り消されました」というエラーメッセージが表示される場合の対処方法について教えてください。

保護モードやアドオンなど、Internet Explorerの設定による影響が考えられます。ここで案内する対処方法について、それぞれの項目を順に確認してください。

保護モードやアドオンなど、Internet Explorerの設定による影響が考えられます。ここで案内する対処方法について、それぞれの項目を順に確認してください。

はじめに

「Webページへのナビゲーションは取り消されました」というエラーメッセージは、Internet Explorerの設定やアドオンの影響、ポップアップブロックなどさまざまな原因で発生することがあります。
ここで案内するInternet Explorerの設定対処方法の各項目を順に行い、現象が改善されるか確認してください。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

対処方法

Windows 10のInternet Explorer 11で「Webページへのナビゲーションは取り消されました」というエラーメッセージが表示される場合には、以下の対処方法を行ってください。

1. 保護モードを無効にする

「保護モード」とは、Webページを閲覧中にウイルスやスパイウェアなど、悪意のあるソフトウェアがパソコンにインストールされないよう保護する機能です。

通常「保護モード」はセキュリティを高める効果があるため、有効に設定しておくことをおすすめしますが、ほかのウイルス対策ソフトやプログラムと競合して、Webページが正常に表示されない場合があります。

以下の情報を参照して保護モードを無効に設定し、問題が解決するか確認してください。
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11で保護モードを有効/無効に設定する方法
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11で拡張保護モードを有効/無効に設定する方法

2. GPUレンダリングの設定を変更する

Internet Explorerでは、Webページの表示や動画の再生などをスムーズにするために、GPUという画像の処理に特化したハードウェアを使用します。
ただし、パソコンの環境によっては、GPUの設定が原因でWebページが正常に表示されない場合があります。
GPUを無効に設定して、現象が改善されるか確認してください。

以下の情報を参照して、GPUレンダリングを無効に設定してください。
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11でGPUレンダリングの設定を変更する方法

3. インターネット一時ファイルと履歴を削除する

Internet Explorerでは、過去に閲覧したWebページの情報を自動的に一時保存する「インターネット一時ファイル」機能と、「履歴」機能があります。
これらの機能は通常、再度同じWebページを閲覧する際にすばやくページを表示させるために使用されます。

「インターネット一時ファイル」と「履歴」が正しく保存されていないと、Webページが正常に表示されない場合があります。
以下の情報を参照して、インターネット一時ファイルと履歴を削除してください。
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11でインターネット一時ファイルを削除する方法
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11で閲覧履歴を削除する方法

4. アドオンを無効に設定する

「アドオン」とは、Internet Explorerにインストールされる動画再生機能などの拡張機能です。
アドオンに問題が発生していたり、ほかのアドオンと競合したりすると、Webページが正常に表示されない場合があります。

以下の情報を参照して、アドオンを無効にしてください。
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11でアドオンを有効/無効に設定する方法

5. ポップアップブロックを有効に設定する

「ポップアップブロック」とは、ホームページの閲覧中に表示される小さな別ウィンドウの表示に関する機能です。
ポップアップブロック機能は初期設定では有効に設定されていますが、設定が無効になっていると、別ウィンドウでWebページが表示されなくなります。

以下の情報を参照して、ポップアップブロックの設定を有効にしてください。
Q&AInternet Explorer 10でポップアップブロックを有効/無効に設定する方法

6. Internet Explorerを初期状態に戻す

Internet Explorer 11の設定に問題が発生している場合、初期状態に戻すことで問題が解決する場合があります。

以下の情報を参照して、Internet Explorer 11を初期状態に戻しください。
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11で設定を初期状態に戻す方法

7. セキュリティ機能の競合を確認する

ウイルス対策ソフトやInternet Explorerのセキュリティの設定など複数のセキュリティ機能が競合している場合に、このエラーメッセージが表示されることがあります。セキュリティ機能の競合がないかを確認してください。

ウイルス対策ソフトの同時使用については、以下の情報を参照してください。
Q&Aウイルス対策ソフトの複数同時使用について

↑ページトップへ戻る