Microsoft Edgeで拡張機能を有効/無効に設定する方法

Microsoft Edgeで拡張機能を有効/無効に設定する方法

Q&A番号:021293  更新日:2019/06/21
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:021293  更新日:2019/06/21

Microsoft Edgeで、拡張機能を有効/無効に設定する方法について教えてください。

使用しない拡張機能は、Microsoft Edgeの「拡張機能」画面から無効にすることができます。

使用しない拡張機能は、Microsoft Edgeの「拡張機能」画面から無効にすることができます。

はじめに

拡張機能とは、Microsoft Edgeに追加でインストールすることができる機能のことです。
特定の拡張機能を一時的に使用しない場合は、「拡張機能」画面からオフに設定して動作しないようにできます。
また、無効に設定した拡張機能を再度使用するときは、オンに戻します。

Microsoft Edgeの動作に問題が発生している場合、ここで案内する方法で拡張機能を1つずつオフにして、問題が改善するか確認します。特定の拡張機能をオフにして改善した場合は、拡張機能の提供元に現象について確認してください。

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Microsoft Edgeで拡張機能を有効または無効に設定するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Microsoft Edgeを起動し、画面右上から「設定など」(設定など)をクリックして、表示された一覧から「拡張機能」をクリックします。
    Microsoft Edgeを起動し、画面右上から「設定など」をクリックして、表示された一覧から「拡張機能」をクリックします

  2. 「拡張機能」が表示されます。
    有効または無効に設定したい拡張機能のスイッチをクリックします。
    ここでは例として「Office Online」をクリックしてオフにします。
    有効または無効に設定したい拡張機能のスイッチをクリックします

    補足

    有効に切り替えたい場合は、「オフ」になっている該当の拡張機能のスイッチをクリックして「オン」にします。
    有効に切り替えたい場合は、「オフ」になっている該当の拡張機能のスイッチをクリックして「オン」にします

以上で操作完了です。

拡張機能が有効または無効に切り替わったことを確認してください。

↑ページトップへ戻る