Windows 10のInternet Explorer 11で安全でないWebページを報告する方法

Windows 10のInternet Explorer 11で安全でないWebページを報告する方法

Q&A番号:019128  更新日:2019/02/15
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:019128  更新日:2019/02/15

Windows 10のInternet Explorer 11で、安全でないWebページを報告する方法について教えてください。

フィッシング詐欺サイトや悪意のあるWebページの疑いがある場合は、Microsoft社へ報告することができます。

フィッシング詐欺サイトや悪意のあるWebページの疑いがある場合は、Microsoft社へ報告することができます。

はじめに

Internet Explorer 11で、フィッシング詐欺サイトや悪意のあるWebページが見つかった場合、安全でないWebサイトとしてMicrosoft社へ報告することができます。

なお、Internet Explorer 11には、悪意のあるWebページやソフトウェアを検出した際に警告を表示する「Windows Defender SmartScreen」機能があります。安全でないWebページの報告と併せて、Windows Defender SmartScreenを有効にすることをおすすめします。

Windows Defender SmartScreenを有効にするには、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10のInternet Explorer 11でWindows Defender SmartScreenを有効/無効に設定する方法

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10のInternet Explorer 11で安全でないWebページを報告するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Internet Explorer 11を起動し、報告したいWebページを表示した状態で画面右上の「ツール」(ツール)をクリックします。
    報告したいWebページを表示した状態で画面右上の「ツール」をクリックします

  2. 表示された一覧から「セーフティ」にマウスポインターを合わせ、「安全でないWebサイトを報告する」をクリックします。
    表示された一覧から「セーフティ」にマウスポインターを合わせ、「安全でないWebサイトを報告する」をクリックします

  3. 「フィードバック」ページが表示されます。
    必要な項目を選択または入力して、「送信」をクリックします。

    • 「このサイトはフィッシング詐欺サイトです」
      表示しているWebページがフィッシング詐欺サイトの疑いがある場合、チェックを入れます。

    • 「このWebサイトには悪意のあるソフトウェアが含まれています」
      表示しているWebページに悪意のあるソフトウェアが掲載されている場合、チェックを入れます。

    • 「Webサイトで使用されている言語」
      表示しているWebページの言語をクリックします。

    • 「表示されている文字を入力してください」
      画像のボックスに表示されている文字列を入力します。

    ここでは例として、「このサイトはフィッシング詐欺サイトです」を選択して送信します。
    必要な項目を選択または入力して、「送信」をクリックします

  4. 「確認」ページが表示されます。
    表示されている内容を確認して、画面を閉じます。
    表示されている内容を確認して、画面を閉じます

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る