Excel 2016でページを指定して印刷する方法

Excel 2016でページを指定して印刷する方法

Q&A番号:019322  更新日:2018/06/25
対象機種 LAVIE、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
LAVIE、LaVie(〜2014年12月発表)、VALUESTAR
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro

Q&A番号:019322  更新日:2018/06/25

Excel 2016で、ページを指定して印刷する方法について教えてください。

ブック全体または特定のシートから必要なページの範囲を指定して、印刷することができます。

ブック全体または特定のシートから必要なページの範囲を指定して、印刷することができます。

はじめに

Excel 2016で作成した文書を印刷する際に、必要なページのみを印刷することができます。
印刷範囲の設定で、印刷したいページの開始から終了の番号を指定します。
また、対象となる範囲を、ブック全体または作業中のシートから指定できます。

操作手順

Excel 2016でページを指定して印刷するには、以下の操作手順を行ってください。

  1. 印刷したいファイルを開きます。
    リボンから「ファイル」タブをクリックします。
    リボンから「ファイル」タブをクリックします

  2. 画面左側から「印刷」をクリックします。
    画面左側から「印刷」をクリックします

  3. 「設定」欄から「作業中のシートを印刷」ボックスをクリックし、表示された一覧から対象にする範囲をクリックします。
    ここでは例として、「作業中のシートを印刷」にします。
    「設定」欄から「作業中のシートを印刷」ボックスをクリックし、表示された一覧から対象にする範囲をクリックします

    補足

    既定では「作業中のシートを印刷」が選択され、表示しているシートが対象となります。
    全体のシートを対象にしたい場合は、「ブック全体を印刷」を選択します。

  4. 「設定」欄の「ページ指定」ボックスに印刷したいページ番号を指定します。
    ここでは例として、3、4、5ページを印刷するため、「開始」に「3」、「終了」に「5」と指定します。
    「ページ指定」ボックスに印刷したいページ番号を入力します

    補足

    右側に表示された「印刷プレビュー」を使用して、下部にあるページ番号を確認できます。
    右側に表示された「印刷プレビュー」を使用して、下部にあるページ番号を確認できます

  5. 設定が完了したらプリンターを確認し、「印刷」をクリックします。
    設定が完了したらプリンターを確認し、「印刷」をクリックします

以上で操作完了です。

指定したページが印刷されたことを確認してください。

↑ページトップへ戻る