再セットアップの概要(Windows 8.1)

対象機種 LAVIE、VALUESTAR、他… すべて表示する、   折りたたむ
LaVie(〜2014年12月発表)
LAVIE、VALUESTAR、LaVie(〜2014年12月発表)
対象OS Windows 8.1、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 8.1 Pro
Windows 8.1
Windows 8.1 Pro

Q&A番号:015769  更新日:2016/12/05

Windows 8.1の再セットアップの概要について教えてください。

Windows 8.1では、再セットアップを行うことでパソコンを購入時の状態に戻すことができます。ここではWindows 8.1の再セットアップの概要について案内します。

Windows 8.1では、再セットアップを行うことでパソコンを購入時の状態に戻すことができます。ここではWindows 8.1の再セットアップの概要について案内します。

はじめに

再セットアップとは、パソコンのハードディスクの内容を消去して購入時の状態に戻す作業です。
Windows 8.1で、パソコンが起動しない、パソコンの一部の動作がおかしいなどの現象が発生した場合は、再セットアップを行うと問題が解決する場合があります。

ここでは、Windows 8.1の再セットアップの一連の流れについて案内しています。

1. 必要なものを用意する

再セットアップを行うにあたり、以下のものが必要となります。

  • 「Microsoft Office Home and Business(Premium/2013)」または「Microsoft Office Personal(Premium/2013)」のプロダクトキー(Office添付モデルのみ)
  • 購入後、追加でインストールしたアプリのインストールCD-ROMなど
  • 製品添付の「セットアップマニュアル」または「ユーザーズマニュアル」(以下参照)

製品添付のマニュアルが手元にない場合には、弊社ホームページ「電子マニュアルビューア」でも公開しています。
電子マニュアルビューアについては、以下の情報を参照してください。
121ware電子マニュアルビューア

2. 必要なデータをバックアップする

再セットアップを行うと、パソコンは購入時の状態に戻ります。
作成した文書ファイル、写真・動画データ、録画した番組データなど、大切なデータや設定はあらかじめバックアップを取ってください。

必要に応じて、以下の情報を参照してください。
Q&Aパソコンのデータをバックアップする方法

3. 初回セットアップ時に設定した情報を控える

再セットアップを行うと、初回セットアップ時に設定した情報は消えてしまいます。
アカウント情報など、再セットアップ後も必要な情報は控えるようにしてください。

  • Microsoftアカウントのメールアドレスとパスワード(Microsoftアカウントを利用している場合)
  • ローカルアカウントのユーザー名とパスワード(ローカルアカウントを利用している場合)
  • 無線LANのネットワーク名(SSID)とパスワード(無線LAN機能搭載モデルの場合)
  • インターネットの設定(ユーザーIDやパスワード、電子メールアドレスやメール設定情報など)

!注意

OneDriveなどクラウドに保存したデータは、ユーザーアカウントが一致しないと、再セットアップ後に復元できなくなります。
複数のユーザーで複数のアカウントを利用している場合は、それぞれのアカウント情報を控えておいてください。
ユーザーアカウントを控えるときは、大文字と小文字の区別に注意してください。

4. 再セットアップの準備を行う

  • ハードディスクの空き容量を確認する
    ※ 空き容量が不足していると、再セットアップができない場合があります。

  • BIOSを初期化する(設定を変更している場合のみ)
    手順については、以下の情報を参照してください。
    Q&ABIOSを初期化する(パソコン購入時の状態に戻す)方法

  • 周辺機器を取り外す(メモリ/プリンター/スキャナーなど)
    ※ 外付けハードディスクなどを接続したまま操作手順を行うと、接続先のデータが削除される場合があります。

  • パソコン本体からCD-ROMなどのメディアを取り出す(ドライブに入っている場合)

  • インターネットの通信回線と接続に使っている電話線やLANケーブルを取り外す

  • ACアダプターやコンセントを接続し、電源が切れない状態にする

5. 再セットアップを行う

準備が完了したら、再セットアップ作業を行います。
再セットアップの手順には、パソコンのハードディスク内にある再セットアップ用データを利用する方法と、再セットアップメディアを利用する方法があります。
※ 再セットアップメディアは事前に作成が必要です。

それぞれの具体的な手順については、以下の該当する情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1でハードディスク領域を使用してパソコンの再セットアップを行う方法
Q&AWindows 8.1で再セットアップメディアを使用してパソコンの再セットアップを行う方法

6. Windowsの設定を行う

再セットアップ作業が完了したら、Windowsの初期設定を行います。
Windowsの初期設定については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1でパソコンの初回セットアップ(初期設定)を行う方法

必要に応じて、製品添付の「セットアップマニュアル」または「ユーザーズマニュアル」を参照してください。

7. Officeをインストールする

製品添付の「Microsoft Office Home and Business(Premium/2013)」または「Microsoft Office Personal(Premium/2013)」のカード(プロダクトキー記載)を用意します。
製品添付マニュアル「セットアップマニュアル」または「ユーザーズマニュアル」の「Officeモデルをご購入いただいたお客様へ」を参照して、Officeのインストールを行います。

必要に応じて、以下の情報も参照してください。
Q&AOfficeをインストールする方法

8. その他設定を行う

周辺機器を取り付ける
メモリ、プリンター、スキャナーなど、再セットアップを行う前に取り外した周辺機器を接続します。
周辺機器によって接続方法が異なるので、各周辺機器のマニュアルなどを参照して接続してください。
※ 周辺機器によっては、事前にドライバーのインストールなどが必要になる場合があります。

インターネット/セキュリティの設定をする
プロバイダーから送付された会員証、接続設定情報(アカウント情報、接続設定情報など)を参照して、インターネットやメールの設定を行います。
セキュリティ設定は、お使いのソフトウェアの説明書などを参照してインストールや設定などを行ってください。

必要なソフトをインストールする
別途購入してインストールしたソフトウェアは、再セットアップにより削除されているため、ソフトウェア添付の説明書などを参照して再度インストールを行います。
パソコン購入時に添付されているソフトウェアの場合は、LAVIEアプリナビまたはソフト&サポートナビゲーターからインストールを行うことができます。

LAVIEアプリナビまたはソフト&サポートナビゲーターについては、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8.1で「LAVIEアプリナビ」からアプリを追加する方法
Q&AWindows 8.1の「ソフト&サポートナビゲーター」でアプリケーションの追加や削除を行う方法

9. バックアップしたデータを復元する

再セットアップ前のデータバックアップ方法によって、バックアップしたデータの復元方法が異なります。

必要に応じて、以下の情報を参照してください。
Q&Aバックアップしたパソコンのデータを復元する方法

補足

インターネット経由で購入した音楽データなど著作権保護のあるデータについては、使用していたアプリケーション側で復元します。詳しくは、各アプリケーションのヘルプを参照してください。

10. アップデートを実施する

再セットアップとその後の設定が完了したら、LAVIEアップデートやWindows Update、アプリケーションやセキュリティソフトなどのアップデートを必要に応じて実施します。

LAVIEアップデートやWindows Updateについては、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 8 / 8.1のLAVIEアップデート(旧:Smart Update)について
Q&AWindows 8.1のWindows Updateを手動で行う方法

このほか、ご使用の製品に応じて、アップデートが必要な場合は、各製品の情報を確認して実施します。

以上が一連の流れです。

↑ページトップへ戻る