Tempフォルダ(一時フォルダ)内に保存されているファイルを削除する方法

対象機種 VALUESTAR、LaVie、Mate、他… すべて表示する、   折りたたむ
VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
VALUESTAR、LaVie、Mate、VersaPro、その他PC98-NX、ValueOne、PC-9821
対象OS Windows XP Professional、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
Windows XP Professional
Windows XP Home Edition
Windows Millennium Edition
Windows 98 Second Edition
Windows 98
Windows 95
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server

Q&A番号:007498  更新日:2012/09/13

Tempフォルダ(一時フォルダ)内に保存されているファイルを削除する方法について教えてください。

Tempフォルダ(一時フォルダ)について説明します。

Tempフォルダ(一時フォルダ)について説明します。

はじめに

Tempフォルダ(一時フォルダ)とは、パソコンを使用する上で一時的に必要になったファイル(一時ファイル)を格納しておくための入れ物のことです。「Temp」というフォルダ名で存在していることが多いため、Tempフォルダと呼ばれています。

基本的に、これらのフォルダ内のファイルは削除しても問題ありません。

対処方法

Tempフォルダを削除する場合は、以下のいずれかの方法で削除してください。

1. ディスククリーンアップ機能を使う(推奨)

一時フォルダ内のファイルを削除するための機能がWindowsに標準で付属しています。通常はこの機能を使って一時フォルダ内のファイルを削除してください。ファイルを削除することで、ハードディスクの空き容量を増やすことができます。

Windows XPの場合
Q&A不要なファイルを安全に整理する方法(Windows XP)

Windows Me / 98 Second Edition / 98の場合
以下の情報の「ディスククリーンアップを利用する」をご覧ください。
Q&AWindows Me/98SE/98/95でハードディスクの空き容量を大きくする方法

Windows 2000の場合
Q&A不要なファイルを安全に整理する方法(Windows 2000)

2. 手動で削除する

主要なTempフォルダは、以下の場所にあります(Windows XPの場合)。

  • C:\WINDOWS\Temp
  • C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\Temp

これらのフォルダ内のファイルは手動で削除することもできます。削除する場合は、該当するフォルダをエクスプローラで開き、フォルダ内のファイルを削除してください。

補足

↑ページトップへ戻る