Windows 10でタスクバーのInternet Explorer 11から前回のセッションを開く方法

Windows 10でタスクバーのInternet Explorer 11から前回のセッションを開く方法

Q&A番号:020766  更新日:2018/10/02
対象機種 LAVIE LAVIE
対象OS Windows 10 Home、他… すべて表示する    折りたたむ
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
Windows 10 Pro

Q&A番号:020766  更新日:2018/10/02

Windows 10で、タスクバーのInternet Explorer 11から前回のセッションを開く方法について教えてください。

Windows 10では、タスクバーにあるInternet Explorer 11のアイコンから、前回終了したときに開いていたWebページを再度表示することができます。

Windows 10では、タスクバーにあるInternet Explorer 11のアイコンから、前回終了したときに開いていたWebページを再度表示することができます。

はじめに

Windows 10のInternet Explorer 11では、タスクバーにあるアイコンを右クリックして、前回終了したときに開いていたWebページを再度表示することができます。

  • 複数のタブを開いている状態で終了した場合は、すべてのタブが再表示されます。
  • ウィンドウを複数開いていた場合は、最後に閉じたウィンドウで表示していたWebページが再表示されます。

ここで案内する操作を行うには、Internet Explorer 11がタスクバーかスタートメニューにピン留めされている必要があります。
Internet Explorer 11をピン留めする方法については、以下の情報を参照してください。
Q&AWindows 10でよく使うアプリをタスクバーに表示(ピン留め)させる方法
Q&AWindows 10でスタート画面にタイルを追加(ピン留め)する方法

※ Windows 10のアップデート状況によって、画面や操作手順、機能などが異なる場合があります。

操作手順

Windows 10でタスクバーのInternet Explorer 11から前回のセッションを開くには、以下の操作手順を行ってください。

  1. Internet Explorer 11のアイコンを右クリックし、表示された一覧から「前回のセッションを開く」をクリックします。
    ここでは例として、タスクバーにピン留めされているInternet Explorer 11のアイコンを右クリックします。
    Internet Explorer 11のアイコンを右クリックし、表示された一覧から「前回のセッションを開く」をクリックします

    補足

    右クリック時に「前回のセッションを開く」が表示されない場合は、Internet Explorer 11のウィンドウ右上にある「ツール」(ツール)をクリックして表示される一覧から「インターネットオプション」をクリックし、「スタートアップ」欄を「ホームページから開始する」に設定してください。

  2. Internet Explorer 11が起動して、前回終了時に開いていたWebページが、新たなウィンドウで再表示されます。
    Internet Explorer 11が起動して、前回終了時に開いていたWebページが、新たなウィンドウで再表示されます

以上で操作完了です。

↑ページトップへ戻る